結婚式までの基本の流れ

結婚式3~2ヶ月前にまでやっておきたい準備 *招待状の発送・マリッジリングの購入etc*


このころから結婚式場との打ち合わせが
頻繁に入ってきます。


披露宴のプログラムや演出など
納得がいくまで話し合いましょう。
 
 
そして二次会の検討もしなくてはいけません。
場所予算内容などをあらかじめ大まかに決めます。
その後それぞれの友人に幹事をお願いして
話し合いをしていきます。
 
 
 
3ヶ月~2ヶ月までには招待状を送りましょう。
 
 
招待状を送る前に招待したい旨を
電話などで伝えるのがマナーです。
 
 
招待状の投函日は、
大安」「友引」などの消印日が
望ましいでしょう。
 
 
また、ポストへ投函しても間違いではありませんが、
雨の日などは水に濡れて字がにじんでしまったり、
他の郵便物と重なって汚れてしまう可能性があるため


なるべく招待状は郵便局へ直接持って行くことをお勧めします。
 
 
またスピーチなどをお願いする場合は
事前に確認をして、手渡しで招待状を渡しましょう。


手渡しの場合の封筒は糊付けをせずにシールのみにしましょう。
 
 
 
 
またこの時期までには
結婚指輪の準備をしなければいけません。


結婚指輪は当然ですが新郎用と新婦用の2つ必要です。


また結婚指輪は完成までに時間がかかる場合があります。
なのでオーダーで作る場合は
もっと早い段階から準備が必要です。
 
 
この時期までに用意しておかないと
もしサイズが合わなかったり手直しが必要など
式当日までに間に合わなくなるなんてことも・・・。
 
 
 
 
そして結婚指輪を選ぶ際、
最近はデザイン性、ファッション性の
高いものが増えてきていますが、


付け心地や耐久性、
働く男性や女性はビジネスシーンで指輪だけが
目立ちすぎないことも考慮して選びましょう。

 
 
 
 
2ヶ月前


招待状の返信の締め切りをして招待客の決定をします。


人数が確定するころから
結婚式のアイテムなども決め始めなければなりません。


また招待客が決定したら配席を決定し、
遠方からのゲストの宿泊の手配や、
様々なゲストのための配慮をしていかなければなりません


結婚式の詳しい内容や手配・披露宴についても
プランナーと話し合っていかなくてはなりません。
 
 
このころまでには
新郎新婦どちらの衣装も決定しておきましょう。


花嫁にとってドレスも重要なアイテムですが
それ以上に重要なのが小物たちです。


いくら素敵なウエディングドレスを選んでも
小物が合ってないと微妙な感じに・・・。


小物あわせに時間をかけない花嫁が多いため
当日鏡に映った自分を見て


"なんか違う・・・"


なんてことも多いようです。


ベールやブーケだけでなく
アクセサリーなどにもしっかりこだわって
最高の花嫁になりましょう。


結婚式の2ヶ月~1ヶ月前に記念写真の前撮りを行います。
ブライダルエステに通っている花嫁は
産毛剃りなどを式の前にここで1度やっておく必要があります。


またこの日までに髪型やメイクの打ち合わせなどを
済ませておく必要があります。
 
 
 
 
 
 
 
関連記事

*結婚式6ヶ月前にやっておきたい準備*
*結婚式5ヶ月前にやっておきたい準備*
*結婚式4ヶ月前にやっておきたい準備*
*結婚式1ヶ月前にやっておきたい準備*


ブライダルエステサロン情報

 

体験談

 

ブライダルエステとは

 

エステサロンの選び方

 

コース・プランについて

 

ブライダルエステの疑問

 

トラブルがおきてしまったら

 

一緒にやっておきたいケア

 

結婚式までの準備

 

結婚式までの基本の流れ

 

新婚生活に向けて

 

雑所得での確定申告と同じ