結婚式までの基本の流れ

結婚式5ヶ月前までにやっておきたい準備 *結納etc* 


両家の顔合わせが済んだら結納がまっています。
 
 
最近は顔合わせと結納を一緒にやってしまったり
結納の儀ををしなかったりとスタイルは様々ですが、
地域の風習やご両親の考えなどでまだまだ行うほうが多いようです。
 
 
結納を執り行う場合どんな形式にするか両家で話し合います。
 
 
関東式関西式また略式などどの形式にするか、
仲人を立てるか立てないかなど
親の意向も確認して決めること。
 
 
また両家のしきたりの違いも把握して
結納金結納品などを決めていきましょう。
 
 
日取りについては日柄にこだわりがあるなら
双方の親に希望日の確認をし早めに調整をしましょう。
 
 
また服装手土産など両家に格差が出ないように
事前にすり合わせが必要です。
 
 
 
 
 


当日の進行例としては・・・


1.会場準備 


準備のために男性側が先に入ります。
結納品を所定の位置にセットし
その日の流れを確認しておきます。


2.入室   


準備が終わったら男性側はいったん退室します。
その後女性側が入室し男性側を迎え入れます。
そして所定の位置に座ります。


3.始まりの挨拶


男性の父が結納を始める挨拶をします。


4.結納品の納品 


男性側から女性側に結納の品を納めます。
このとき目録を女性側に渡します。


5.受書をわたす


女性側は男性側から受け取った目録に目を通し
受け取ったしるしとして受書を差し出す。


6.締めの挨拶 


男性側の父が締めの挨拶を行い
結納の儀を終了します。

 
 
  
 

そして最後に写真撮影や会食などをして楽しみましょう。
またこのときに結婚記念品の交換を行います。
 
 
 
 
結納が終わったら本格的に結婚式の準備をしていきましょう。


会場を決定し、招待客のリストアップや
披露宴のテーマ決めなど
2人で協力して決めていけるといいですね。





関連記事


*結婚式6ヶ月前にやっておきたい準備*
*結婚式4ヶ月前にやっておきたい準備*
*結婚式3~2ヶ月前にやっておきたい準備*
*結婚式1ヶ月前にやっておきたい準備*


ブライダルエステサロン情報

 

体験談

 

ブライダルエステとは

 

エステサロンの選び方

 

コース・プランについて

 

ブライダルエステの疑問

 

トラブルがおきてしまったら

 

一緒にやっておきたいケア

 

結婚式までの準備

 

結婚式までの基本の流れ

 

新婚生活に向けて

 

雑所得での確定申告と同じ