結婚式までの準備

結婚にまつわるお金事情 結納金って? 式の費用は?


結婚が決まったら気になるのはお金のこと・・・。


結婚式にかかる費用をある程度理解して、
資金計画を立てておきたいですね。


挙式・披露宴スタイルや、用意する料理やアイテム、
招待客の人数などによってかかる費用は変わります。


何をするか?どんな式にしたいのか?
をしっかり話し合っておく必要があります。

 
 
 

まず具体的に何にお金がかかるのか?
 
 

 

結婚式にかかる費用の平均は


約300万円
 
 


といわれています。

 
 

その300万円の内訳は・・・


挙式料   10~30万円


料理・飲物  ひとりあたり1.5~2万円


衣裳  20?50万円


招待状・席次表・メニュー表など  10万円


引出物・引菓子・プチギフトなど  ひとりあたり0.5~1万円


ブーケ・装花 3~10万円


撮影  10~30万円


ビデオ撮影  10~20万円


演出、司会料10~20万円
 
 
 
このほかにも結婚指輪の代金
着付け代エステ代などの諸経費もかかってきます。
 
 

 
宴席料、控え室使用料、挙式費用、食事代、飲み物代、装花、招待状等が
セットになっているプランが式場によってはあります。


こういったお得なプランを上手に利用すれば
少し値段が押さえることができるでしょう。
 
 
ブライダルフェアなどではお得な情報が手に入ります。
積極的に行ってみるといいですよ。
 
 
またブライダルフェアでは
見積もりなどの資料がもらえたりします。


それを参考に計画を立ててみてください。
 
 
しかしフライダルフェアの見積もりは
あくまでスタンダードな式の場合なので、
それよりもいくらか高くなるということを覚えておいてください。
 
 
 
また式の費用以外にもお金はかかります。
結納金や新生活へ向けての費用など・・・。
 
 
 

結納金ってなんでしょうか?
 


結納の儀を行わないカップルも最近増えてきていますが、
結納にまつわるトラブルは少なくありません。
 
 
そのトラブルのほとんどにかかわってくるのが結納金
結納金とは本来女性側の支度金として、
また女性側の両親に妻となる女性を育ててくれた
お礼の気持ちとして女性側に贈られるものです。
 
 
金額的には給料の約3か月分だとか
賞与1回分だとかいろいろ言われていますが
どれだけわたしなさいという決まりはありません。


しかし10万30万50万など奇数で端数が出ないように
きれいな新札で送るという決まりがあります。


最近では、結納金の代わりに
指輪などの婚約記念品だけを贈る男性も増えています。
 
 
両家が納得していれば、
自分たちの自由な形で決めても大丈夫なんです。
 
 
 
しっかり予算計画を立てて
無理のない資金繰りが出来ると良いですね。
 
 
素敵な新生活が送れるように頑張りましょう!


ブライダルエステサロン情報

 

体験談

 

ブライダルエステとは

 

エステサロンの選び方

 

コース・プランについて

 

ブライダルエステの疑問

 

トラブルがおきてしまったら

 

一緒にやっておきたいケア

 

結婚式までの準備

 

結婚式までの基本の流れ

 

新婚生活に向けて

 

雑所得での確定申告と同じ