ブライダルエステの疑問

ブライダルエステでやっておきたいウェディングドレス別ケア方法は?


今流行のドレスはどれも露出が多いものばかり・・・


そんなドレスを着こなすためには
どこを集中してケアしたらいいのでしょうか?
 
 

ドレスのタイプ別に紹介します。
 
 
 
 

マーメードライン


このドレスはウエストから下半身(特にお尻から膝まで)が
体に密着したタイプのドレスです。


そのためお尻・ウエストのラインが目立ちがちです。
こういったドレスの場合、
細身でメリハリのある体系の花嫁に似合うとされています。


そのため、集中的に行うべきケアは、
くびれを作るために
ウエストの痩身
きゅっと上がったお尻のために
太ももからお尻にかけてのヒップアップケア
が必要になってきます。


メリハリのある人魚姫のような
セクシー花嫁を目指す方に
ぴったりなドレスといえるでしょう。
 
 
 
 

ミニタイプ


このドレスの特徴はなんと言っても露出が多いこと。
膝上丈のドレスになるため
他のドレスではない脚が露出されることになります。


またビスチェタイプのものが多いので
肩・腕などの露出も多くなります。


そのためケアについては
全身のケア
が必要になってきます。


その中でも必須は
脚・デコルテ・二の腕・背中・小顔です。


生脚が基本ですので
痩身だけでなく美脚のケアもお忘れなく!!
 
 
 
 

プリンセスライン・ベルライン


ドレス自体にとても存在感があるタイプのドレスです。


ドレスに負けない顔・体作り
が必要になってきます。


また体系を問わずに合うドレスといわれていますが
二の腕デコルテを露出するデザインも多いので
そちらのケアもやっておいたほうがいいでしょう。
 
 
 
 

ホルターネック・ベアバック


大きく背中の開くタイプのドレスでは
背中のうぶ毛・しみ・できものやワキのお肉が目立ちます。


なのでシェービングや痩身など
主に背中ワキから二の腕にかけてのケアが必要です。
 
 
 
 

ビスチェ


このタイプのドレスは胸元の大きく開いたドレスです。


そうなると気になるのは
胸元から鎖骨にかけてのラインであるデコルテ二の腕
鎖骨や二の腕の具合で着こなしが変わってくるので
どの体系の女性でもケアをすれば
難なく着れるドレスといえるでしょう。
 
 
 
 

すべてのドレスに共通して
ノースリーブのドレスを選んだ場合、
必ず露出するのが
ワキと二の腕


特にこの2つは
ゲストの視線が集まりやすい場所でもあるので
しっかりケアしておくことが大切です。
 
 
 

ケアが行き届いてないとどれだけ素敵なドレスでも
似合っていても、微妙なドレス姿になってしまいます。


輝く花嫁になるためにはしっかりケアして
万全の体制で臨まなくてはいけません。


ブライダルエステサロン情報

 

体験談

 

ブライダルエステとは

 

エステサロンの選び方

 

コース・プランについて

 

ブライダルエステの疑問

 

トラブルがおきてしまったら

 

一緒にやっておきたいケア

 

結婚式までの準備

 

結婚式までの基本の流れ

 

新婚生活に向けて

 

雑所得での確定申告と同じ